おせち料理に使われる食材の意味

by:

おせち正月食品/飲食

おせち料理には様々な食材が使われていますが、その食材それぞれに、縁起を担ぐための意味があります。以下に代表的な例を挙げます。・海老茹でると背が曲がる海老のように、腰が曲がるまで長生きができるようにとの願いが込められています。海老の赤色が魔除けや晴れやかという意味もあります。

・黒豆まめに(元気で)、まめまめしく働けるようにという願いが込められています。また黒色が魔除けの意味もあるとされています。・レンコン穴が開いていることから、先の見通しが良い、先行きが安心という意味があります。・数の子数の子はにしんの卵です。

一度に沢山の卵があることから子孫繁栄を願っています。・昆布「こんぶ」を「喜ぶ」にかけています。・紅白かまぼこ赤が魔除けを白は清浄を意味します。半円の形が日の出に似ていて縁起が良いともされています。

・伊達巻形が巻物に似ているため、学問成就の願いが込められています。・鯛「めでたい」にかけられています。・きんとん漢字では「金団」と書くことから、金運を願う縁起物です。・ぶり出世魚であることにあやかって、出世を願っています。

おせち料理には他にも沢山の食材が使われていますが、いずれも家族の繁栄、幸福を願ったものです。「小さな頃はおせち料理が好きではなかった」、「ただ毎年何となく口にしている」、という方も多いかもしれませんが、こういった食材の意味を考えながら食べてみると、また一味違ったお正月になるかもしれません。おせちのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です