おせち料理とは一体何?

by:

おせち正月食品/飲食

おせち料理はお正月に食べるお祝いの料理です。元旦に山から下りてくる年神様が幸せをもたらすために各家家を回る事から、おせち料理をふるまって一緒にお祝いをしましょうという習わしが始まりです。その為、新年では欠かせないお正月料理という事になります。おせち料理はもともと節句の度に並べられていた料理でした。

しかし、一番大切な節句はお正月という所から徐々にお正月限定の節句料理となってきました。ここで忘れてはいけないのがおせちは年神様にお供えする料理ですので、年神様にお供えする気持ちを忘れてはいけません。また、お重に入れる食材もそれぞれ意味があります。伊達巻は元々は江戸時代に長崎から伝わったものです。

当時はカステラ蒲鉾だったものが、伊達者つまりお洒落な人の着物に似ていたことから伊達巻と名前が変わりました。くりきんとんはまるで金銀財宝のような見た目の豪華さで縁起が良いとされています。そして黒豆は1年間丈夫に働けますように、という願いが込められた料理でマメに働くという意味でもお重に入れられます。数の子は子宝と子孫繁栄の意味を込めた料理です。

にしんの卵という所から二親とかけて縁起が良いとされています。紅白かまぼこも定番ですが、これは日の出を象徴する食材です。紅にはめでたさと、白には神聖という意味が込められています。このように、お正月らしい縁起の良い食材が入っているお重を年神様にお供えして、人々の幸せと繁栄の願いを込められた料理がおせちなのです。

おせちのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です